No.11 伊万里焼 金蘭手 独楽鉢

このエントリーをはてなブックマークに追加
見込みの中心に染付の吉祥紋、全体には赤地に金彩(質感の良い)の
唐津紋、器の壁面には雲の絵が打抜技法(時代の特長である外と内側の同じ位置)で、 又高台廻りには染付で鍋島風にその外周には色絵で吉祥紋が丁寧に描かれています。
古伊万里の中でも全盛期の時代に数少ない金蘭手の作品として作られたものです。

※茶の会で家族や会社でのお祝い等に菓子器としてお使いいただくと結構なものになります。

伊万里焼 江戸前期(元禄) W24cm



価格 156,700円(税込) 送料別