No.9 赤絵壺 玉取獅子と花島紋壺

このエントリーをはてなブックマークに追加
この壺は呉須赤絵壺の時代よりさらに後の清の時代に作られたと思われます。
1640年代半ばより1970年代頃の康熙帝、雍正帝、幹隆帝の時代、
約150年間に呉須赤絵の壺よりいくらか丸身をおびた太めで安定した壺です。
緑色と青色が明るく美しい色、あたかも豆彩と翠靑の風合となり成化へ
嘉靖の時代(1400年~1500年)を偲ばせる素晴らしい作品となっています。
底部にはチョコレートボトムスと呼ばれる鉄釉が掛けられています。

サイズ H20cm





価格 856,700円(税込)送料別